スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定例研~日韓問題~

2014.04.24.20:47

久しぶりの更新になってすみません。
今回は昨年度にやった定例研について話していきます。


日韓関係が冷えたものになってからかなり時間がたってしまいました。
これを解決するためにはどうしたらよいか考えようということで定例研をしました。
まずは、日本と韓国で戦後補償は終わったのかどうかで議論していますがこの意見の違いはどこからくるのか?考えて生きたいと思います。

下の数字は日本が第2次世界大戦で韓国に与えた被害になります。
①朝鮮人労働者強制連行・・・約12万人
②募集によって集められた戦時朝鮮人労働者・・・約60万人
③学徒志願兵制度、徴兵制・・・5万5千人
④従軍慰安婦・・・・・・数万人


これらの人々が長い間苦しんできたのは日韓両政府の補償(遺族年金や怪我の補償など)
が十分ではなかったからです。
日韓両政府から見捨てられているような気持ちを味わっていたわけですね。

では日本と韓国がなぜ保障をしないのか理由を見てみましょう。
日本側の立場
賠償は韓国政府にしたので、日本政府も日本国民も賠償する必要はない。韓国政府が保障をすべき

韓国側の立場
政府は賠償を請求する権利を放棄したが韓国国民は賠償を請求できる(韓国の裁判所の判断)

全然異なる意見ですね。どこからこの違いが生じたのでしょうか?

それは日韓基本条約の見方(1965年)の違いから生まれたのです。

日韓基本条約の内容
①日韓併合以前のすべての条約を放棄、国交を回復
②日本は韓国に対して多額の援助(11億ドル)韓国の国家予算は3.5億ドル
(無償の技術提供も含まれる)
③日本が朝鮮で所有していた対外資産の放棄の確認(702億5600万円)
  (韓国と北朝鮮)
④両国と国民の間での請求権に関する問題が完全かつ最終的に解決された


④を根拠として日本は賠償問題が解決したと考えています。このときの援助のおかげで朝鮮戦争でぼろぼろになっていた韓国は経済発展をしていくことができました。日本は韓国に1000万トンクラスの製鉄所を技術と資金を援助して立てました。日本に現在ある製鉄所の中で1000万トンの大きさのものは存在しません。この援助がいかに破格のものかわかるでしょう。

この条約には問題点があります。

日本側の問題点
戦争時の人道的な責任を果たすために経済援助をしたとは一言もかかれていない

・韓国側の問題点
経済援助の大部分は経済発展のための公共投資、設備投資に使ってしまった(企業への援助)
個人に支払った賠償額は5億円ほど
韓国政府は日韓基本条約の存在を国民にしっかり伝えていない

日本側は韓国国民について何のための経済援助なのかしっかり伝えてこなかったわけです。韓国政府も経済援助を個人のへの補償にほとんど使っていません。これでは韓国国民も戦後補償を受けて来なかったという感想があって当然でしょう。
この結果、韓国国民は日韓基本条約についてよく知らない人も多いし、韓国政府の補償が十分ではないため、戦争で受けた被害についての問題は終わっていないという考えの人も多いのです。

定例研に参加したみんなの感想

日本人の立場からすれば賠償は政府に対して実施したので後は韓国政府の問題という主張は正しいと思う。韓国人の日本への恨みはお金だけで解くことはできない。

韓国政府は日本が戦後賠償をしたことを国民に衆知する必要がある。


という感じでした。みんなで日韓関係を良くする方法を考えたいですね。










tag : 京大カープ 神戸カープ 阪大CARP 関大CARP

comment

Secret

2014.08.02.17:38

日韓関係が厳しいなかだからこそ、さらに良くしていきたいですね♪

勉強になります(о´∀`о)

No title

2014.07.04.18:15

意見の言っている通り、お金でそう簡単に解決できる問題じゃないとは思います。
だからこそ、これからどうお互いに関係改善を目指すかが鍵ですよね(@^^)/~~~

No title

2014.05.07.16:44

こんにちはー!定例研はためになりますよね。ところで最近福島もブログを始めました!良かったら見に来てください。
プロフィール

KANAZAWA-CARPER

Author:KANAZAWA-CARPER
金沢CARP(原理研究会)です!!定例研や国際交流プロジェクトの情報に加え、金沢CARPの笑いあり、涙ありの活動の日々をつづっています♪

初めてこのブログをご覧になった方は金沢CARPを紹介している「はじめての方へ」を見てください。


1日1回↑クリックお願いしますm(uωu*m)゛

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。