スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第36回定例研

2015.12.05.17:15

先日12月2日に第36回定例研究会を行いました。
その時の様子をお伝えします。
今回は、院生も先輩から発表していただきました。
発表は「日本を知り、世界を知ろう!」ということで
定例研3
日本人は、他国(米国、中国)の人と比べて自国に誇りを持っている人の割合が低いという高校生に対してのアンケート結果から話が始まりました。
そこで早速グループに分かれてディスカッションタイム!
「日本人は他国の人に比べ自尊感情が低いのはなぜ?」
教育の問題だと思う。
戦後の教育で個人主義になり愛国心を無くしてしまったのではないのか。
実は誇りを持っているが誇りを持っているとは自分では主張しない民族性によるものでもあるのではないのか。
戦前は、国のためという思いが強かったので戦前の日本人なら国を誇る思いは強かったのではないか。
今は国の事よりも自分の生活の事しか気にしていない人たちが多い。
といった様々な意見がありました。
次に、日本人が誇っていることは、治安が良いこと、優れた文化や芸術、美しい自然、国民の勤勉さなどがあるという話でした。
日本は安心して暮らせる国の上位を維持している!
平和度順位が158ヶ国中2010年11年は3位、2012年は5位2013年は6位と僕自身安全な国だなと感じているが、世界的に見ても安全な国だということでなんだか少し安心。
日本人の芸術は「わびさび」
「わびさび」ってよく聞くけど、どういう意味なの?「わび」は内面の美しさを見出すときに使われ、「さび」は外面の美しさを表現するときに使われるのだということです。
へ~ッという感じでした。日本人は西洋の派手に飾る文化とは違って質素で閑静なところに美を見出すという究極的な美的感覚を持っている。
そんな日本人ってなんかかっこいいですね。
非の打ちどころのないマナー!
なんといっても日本人のすごいところは礼儀がしっかりしているところ。東日本大震災があった時でも秩序を保ち、思いやりを忘れない日本人の姿が海外メディアからも絶賛された。外国と比べると電車のダイヤの乱れがほとんどないし、少しでもあったらお詫びをしている。またちょっとした気遣いをサービスとして提供することが多い。
日本人って真面目で律儀でちょっと細かすぎるのかもしれませんね。
こうして見てみるとやっぱり日本っていいところだなと誇りをもって来ました。
ここで2度目のディスカッションタイム!
「日本人が価値視しているのはなに?」
礼儀や約束事はしっかりしているよね。
学歴とか安定した収入かな。
昔の人は伝統とかご先祖様とかそういうことを大事にしている人が多いような気がする。
最近の学生や若者は周りの目ばかりを気にしているんじゃないのかな。
昔と今とではだんだん価値観が変わってきているような気がする。
といった意見がありました。
最後に日本を取り巻く国際情勢ということで話がありました。
日本の誇りを認識していった中、誇り驕りは違うとのこと。自分の意見を貫き通し続けていくことが唯一の解決になると思っていてはいつまでたっても国際問題は解決することができない。日韓関係、日中関係は歴史的な事実の問題というよりは、互いの感情的な問題。国の政策も大きく関わっているが、国民一人一人が相手を許すことができなく怨み続けている。
そこで大切になってくることは、
感情的にならず、背う自適思惑等を見抜き、両国間の未来的な平和教育に向け努力すること
理屈や史実以上に、両国の感情を尊重し和解に向けた民間レベルでの努力をすること
ということで私たち国民の意識変革、行動変革が不可欠になってくる。
そして最後のディスカッションタイム!
「日本人が国際的な視点を持つためにどんな認識を持つべきか?」
外国のことをもっとよく知って、外国からみた日本を知ることじゃないかな。
やっぱり感情や政治的な思惑に惑わされないことかな。
国と国がそれぞれ別々のものとして考えているのが問題じゃないのか。
国境というものにとらわれずに一つの世界という認識をもっていくことが大事だと思う。
という感じで定例研終了!!
参加者の感想
歴史問題を感情問題としての面でとらえることが新たな知見でした。
いろんな人の様々な意見を聞くことができて楽しかったです。
国同士の感情のすれ違いがあるのは悲しいことだし、もっとお互いの感情を配慮しないといけないと感じました。
日本には本当はいいところがあるけれど自分自身もそうだけどそういったところに対する関心が薄れてしまっているんだなと思いました。
一人一人の価値観が国に影響してくるので一人一人の意識が変わっていく必要があると思いました。そのためにはやっぱり教育というのがとても大事になってくると思いました。
日本のことを知ることもできたし、新しい発見もすることができました。何よりいろいろな人の意見を聞くことができてとても有意義な時間でした。今後も続けて定例研を行っていきたいと思います。

tag : 関大CARP 神戸カープ 京大カープ 阪大CARP

comment

Secret

お元気様です、神戸カープのらいです(・o・)/

2015.12.14.09:10

国ごとの教育の違いで多くの相違点が出てくるということは、今後の教育次第で良くなったり悪くなったりしそうですね〜
それぞれの国の良いところを相続しあえたらいいのにな〜って感じます!
プロフィール

Author:KANAZAWA-CARPER
金沢CARP(原理研究会)です!!定例研や国際交流プロジェクトの情報に加え、金沢CARPの笑いあり、涙ありの活動の日々をつづっています♪

初めてこのブログをご覧になった方は金沢CARPを紹介している「はじめての方へ」を見てください。


1日1回↑クリックお願いしますm(uωu*m)゛

カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。